山も不作。(>_<)

カラ類の他に、カケス・アオゲラ・ホトトギス・キビタキ・オオルリ・イカルと鳴声は聞こえるのですが、姿がサッパリ見えません。
【キバシリ】
 カラ類の混群に混ざっていました。
 背中から見ると、何処に居るのか分かりませんね。
画像

 ヤッパリ、横でしょう。
画像

【クロツグミ】
 “トトトッ” と鳴きながら地面から飛び上がり、枝に止まってくれました。
画像

画像

 チョット動いたら、枝が被ってしまいました。
画像

画像

山を降りて、何時もの神社へ。
【アオバズク】
 何時もの様に、真下からコンデジで。
画像

 葉っぱの陰から顔を出したので、デジスコで。
画像

画像

画像

 寝てしまいました。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い
ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2013年07月22日 19:03
キバシリは森の忍者の面目躍如ですね。そうとう大きくしないとシルエットすらわかりません。クロツグミも間近で撮れたようですね。
2013年07月22日 22:06
キバシリ、木の皮にしか見えませんね。
EVFだと、見えないんだろうなぁ!?
2013年07月23日 13:46
森はどちらも厳しい情況ですね。キバシリの若も飛び始めていますが、とてもカメラに入りません。
2013年07月23日 18:52
<kamiyan>さん
『こりゃ~ 撮っても分からないかな~っ?』って思いながらシャッタを切っていました。
クロツグミは近かったのですが、光の具合もイマイチですし枝も被って、チョット残念でした。
2013年07月23日 18:54
<POPO>さん
正に木遁の術ですね。
EVFってそうなんですか??。
2013年07月23日 18:58
<健康法師>さん
いや~っ、ホントに厳しいですね。
急坂を下りて登ってこれだけでは、チョット悲しいです。
2013年07月23日 20:56
キバシリはパス、クロツグミは枝かぶりでも何でも
今の時期のクロツグミをこれぐらいに激写したいです。
アオバズクは尻切れトンボに終わってしまいました(涙)
2013年07月24日 12:06
<通信使>さん
クロツグミは、もう少し引いて撮れば良かったのに、気持ちに余裕が有りませんでした。
今迄は、遠い地べた物ばかりでしたので・・・・。(汗)
アオバズクは、如何しちゃったのでしょうね~?。
2013年07月24日 12:14
今季クロツグミが多いですね。鳴き声はすぐ近くで聞こえているのに姿を探しても見つかりません。
2013年07月24日 12:34
<マイ野鳥図鑑>さん
鳴声は大きいので、良く聞こえますよね~。
こんなに近くで見たのは久し振りでした。
2013年07月28日 22:50
キバシリに出会えないんですよ~。羨ましいです。アオバズクの雛を今日見に行って来ました。こちらのはお腹の模様も見えていて大分成長しているようですね。
2013年07月28日 23:47
<とりあえず鳥でも>さん
キバシリは、私もなかなか会えませんよ~。
ここのアオバズクは、かなり成長してから巣穴から出る様で、毎年こんな感じです。

この記事へのトラックバック